SET Solution、5.5インチ版「iPhone 6」を想像したコンセプト動画を公開

次期iPhoneこと「iPhone 6」(仮称)は4.7インチと5.5インチのディスプレイを搭載するとみられていますが、各種コンセプト動画でお馴染みのSET Solutionが、5.5インチのディスプレイを採用した「iPhone 6」のコンセプト動画を公開しています。
2014-04-07_1221 デザイン的には「iPhone 5c」のような少し丸みを帯びたリアケースを採用しており、動画には4.7インチモデルも登場する事から、4.7インチと5.5インチのディスプレイサイズの違いが分かる内容となっています。
(どうせならiPhone 5sも登場させて欲しかった…)


なお、本体の厚みに関しては、上記コンセプトはこれまでに出てきている噂からしても少し厚過ぎると思うので、もう少し薄くなるものと予想されます。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事