米Amazon、セットトップボックス「Amazon Fire TV」を正式に発表

本日、米Amazonが、予てから噂されていたTVセットトップボックス「Amazon Fire TV」を正式に発表しました。
amazontv 「Amazon fireTV」はクアッドコアプロセッサと2GBのRAMが搭載され、「Apple TV」などに比べ3倍の性能で、システムはAndroidとHTMLがベースになっており、1080pビデオ出力をサポートしています。

また、Amazonの動画コンテンツやHulu Plusに加え、Netflix、WatchESPN、MLB、Crackle、MLB、Vimeo、NBA、YouTubeなどが利用可能になる予定で、TwitterやFacebookといった定番のSNSアプリも利用可能とのこと。

他にも、「Kindle Fire」との連携やゲーム、写真管理なども行う事ができ、以前に写真が流出したゲーム用コントローラー「Amazon Fire game controller」が39.99ドルで提供されます。
amazoncontroller なお、「Amazon Fire TV」の価格は99ドル(約10,000円)で、米国では本日より販売開始となっています。

 ・Amazon Fire TV
 ・Amazon Fire game controller

[via Engadget

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事