Apple、「OS X 10.9.2」向けに「Safari 7.0.3」をリリース

本日、Appleが、「OS X 10.9.2」向けに「Safari 7.0.3」をリリースしています。
safari_title
「Safari 7.0.3」では、互換性、安定性、およいセキュリティの改善を含む以下の修正が含まれています。

  • アドレスと検索フィールドでreturnキーが押される前に、ウェブページが読み込まれたり、検索語句が送信されてしまう問題を修正
  • Webサイトでのクレジットカード自動入力の互換性を改善
  • Webサイトからのプッシュ通知の受信がブロックされる問題を修正
  • Webサイトからのプッシュ通知についての確認を切にできる設定を追加
  • ジェネリック・トップレベル・ドメインのWebページのサポートを追加
  • Safariのサンドボックスを強化
  • セキュリティの問題を修正(最近のセキュリティコンテストで発見された複数の問題も含まれます)

なお、アップデートはソフトウェアアップデート経由で可能です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。