人気RSSリーダー「Reeder for Mac」の最新版のベータ版、まもなく公開へ

本日、iOSで人気のRSSリーダーアプリ「Reeder」の開発元が、Mac版の最新版の開発状況について半年ぶりに言及しており、上手くいけば今月中にもパブリックベータ版を公開出来ると明らかにしています。
Reeder2 Mac版は昨年のGoogleリーダーのサービス終了に伴い利用出来なくなっていました。

そして、パブリックベータ版は当初は昨年の秋に公開すると明らかにしていたものの、予想以上にやる事が多く、遅れてしまったとのことで謝罪しています。

なお、iOS版は「Reeder 2」として昨年秋にリリース済みです。

Reeder 2
価格:¥500 (記事公開時)


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事