【噂】「iPhone 6」は2.6GHzのA8プロセッサや389ppiのウルトラRetinaディスプレイを搭載か?!

本日、過去に様々な情報をリークした実績があるSonny Dickson氏が、「iPhone 6」に関する情報をツイートしています。
iPhone-6-06-cd
それらをまとめると下記の通り。

 ・画素密度389ppiのウルトラRetinaディスプレイを搭載
 ・A8プロセッサの動作周波数は2.6GHz
 ・厚みは0.22インチ(約5.5㎜)

参考までに、「iPhone 5s」のスペックは、A7プロセッサの動作周波数は最大1.3GHz、画素密度は326ppi、厚みは7.6㎜となっており、流石に1.3GHzから一気に2.6GHzまでのスペックアップはないと思いますが…。

また、同氏の情報は必ずしも正しい訳ではなく、他のユーザーが公開した動画を無断でパクッてあたかも自分がネタ元のように公開した経緯もあり、あくまで噂と考えておいた方が良いと思います。

[via Twitter 1,2,3

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。