「Windows 8.1 Update 1」がレジストリを変更する事で早くもダウンロード可能に

先日にRTMを迎えた「Windows 8.1」向けの次期アップデート「Windows 8.1 Update 1」(正式名はWindows Feature Pack?)ですが、本日、「Windows 8.1」のレジストリを少し変更する事で同アップデートのダウンロードが可能になる事が分かりました。
Windows-8-1-Update-1-RTM-Escrow-Leaked-Now-Available-for-Download 複数のユーザーで成功例が報告されていますが、レジストリを変更する事から、良く分からないという方は正式リリースを待った方が良いと思います。

なお、その方法はレジストリエディタで「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\」に移動し、「SHWindowsPoolS14」といった新しいキーを作成し、PCを再起動してアップデートをチェックする事で「Update for Windows 8.1 for x64-based Systems (KB2919442) – (S14 Prerequisite v01.0008)」がダウンロード可能になるとのことですが、当方は試していませんので、自己責任で御願いします。

追 記

失敗したとの声も出ています。

[via Neowin


関連エントリ

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事