47都道府県主要都市での通信速度調査、iPhone・AndroidともSoftBankが最速に ー MMD研究所調べ

本日、MMD研究所が、NTTドコモ、au、SoftBankの「iPhone 5s」並びに各キャリアの主要「Android」端末を使用し、各キャリアのネットワーク状況の実態を把握するため、2014年2月18日~3月1日に47都道府県主要都市(340箇所)にて調査した結果を公開しています。

その結果が下記表の通りで、「iPhone 5s」でダウンロー平均速度が最も速かったのはSoftBankで27.59Mbps、2位がドコモで23.55Mbps、3位にauで20.70Mbpsといった結果となっています。
20140306_1

【image source:MMD研究所


また、Android端末では、機種が違うものの、SoftBankとドコモが27Mbps台で接戦となっており、auだけが22.67Mbpsと少し遅くなっています。

そして、ダウンロード平均速度が20Mbps以上だったスポットの数は下記の通りで、iPhone、Android端末ともSoftBankが一番多い結果となりました。

iPhone

 ・docomo:175/340箇所(51.5%)
 ・au:161/340箇所(47.4%)
 ・SoftBank:246/340箇所(72.4%)

Android

 ・docomo:218/340箇所(64.1%)
 ・au:170/340箇所(50.0%)
 ・SoftBank:244/340箇所(71.8%)

なお、詳しい調査結果はこちらをご覧下さい。

ちなみに、全国にある「道の駅」では上記とは逆の結果が出ており、郊外はauの方が強いのかもしれません。

 ・「道の駅」では KDDI が最も LTE 接続しやすく高速、圏外数はソフトバンクが最多
  (インターネットコム)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。