「iMac」と「Mac Pro」を1つにしたようなコンセプトマシン『iPro』

BGRにて、「iMac」と「Mac Pro」を1つにしてしまったような感じのマシン「iPro」のコンセプトデザインが公開されていたので、ご紹介します。

これはAppleファンのKurt Merki Jr.氏がMac誕生30周年を記念してデザインしたもので、一体型PCという全体的な部分は「iMac」、核となる動作ユニット部分は「Mac Pro」といった感じです。

35インチのRetina対応Cinemaディスプレイを搭載。
(流石に高そうですが…)

「iMac」+「Mac Pro」+「Cinema Display」といった感じです。

ディスプレイ部分はスタンドにあるボタンで角度を20度の範囲で調節可能。

核となる内部は、「Mac Pro (Late 2013)」のシステムを横にした感じで空気の流れが考慮されており、前面には10個のスピーカーが内蔵されています。

なお、BGRには上記以外にも多数の画像が掲載されているので、是非ご覧下さい。

 ・iPro – BGR

 
 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。