Microsoft、「OneDrive」のMac向け公式アプリをMac App Storeで配信開始

本日、米Microsoftが、クラウドストレージサービス「OneDrive」のMac向け公式アプリをMac App Storeでリリースしました。


「OneDrive」をインストールすると、コンピューターに「OneDrive」用のフォルダーが1つ作成され、このフォルダにファイルを保存すると「OneDrive.com」と自動的に同期され、最新のファイルをどこからでも参照できるようになります。

なお、以前の「SkyDrive」アプリとは別アプリとなっており、「SkyDrive」アプリをインストールしている場合は、アプリケーションフォルダからそのアプリを削除する必要があります。

OneDrive
価格: 無料



スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事