Appleの5.6インチ版新型スマホの製品名は「iPhone」ではない可能性が浮上

EMSOneによると、台湾の経済日報が、Appleの台湾系サプライチェーンの話として、次期iPhoneこと「iPhone 6」はディスプレイサイズを4.7インチに拡大して2014年第3四半期に発表されるものと予想され、他にも5.6インチのディスプレイを採用したモデルが発売されるものの、その名称は「iPhone」とは呼ばれておらず、新しい名称が採用される可能性が出てきたと報じている事が分かりました。

【image source:経済日報

コーニングが「iPhone 6」の発売に向け既に4.7インチのカバーガラスの生産を開始しており、予てから次期iPhoneのカバーガラスに採用されると言われているサファイアガラスについては5.6インチの新製品に採用され、4.7インチの「iPhone 6」には採用されないとのこと。

Appleはこの5.6インチモデルを市場の大画面モデルの需要を満たす為に試験的に発売する計画で、名称には「iPhone」が使用されない可能性があるそうです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事