Microsoft、「Office for iPad」を今年前半にリリースか?!

ZDNetのMary Jo Foley氏が、予てから噂のある「Office for iPad」のコードネームは「Miramar」で、「Gemini」と呼ばれるタッチインターフェイス対応のWindows向けOfficeよりも早くリリースされるようだと報告しています。

「Miramar」と「Gemini」は、どちらもタッチインターフェースに初めて対応する「Office」で、当初は「Gemini」を優先する計画でしたが、Microsoftは昨年末頃に計画を変更し、「Office for iPad」は準備ができ次第直ぐにリリースするというOfficeチームの提案を承認したようです。

なお、「Office for iPad」のリリース時期は2014年前半になるとみられており、どのような形で提供されるかはまだ不明なものの、「Office 365」のサブスクリプション契約が必須になるとの情報もあるそうです。

関連エントリ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。