Apple、「Final Cut Pro 10.1.1」をリリース

本日、AppleがMac App Storeにて「Final Cut Pro 10.1.1」をリリースしています。

今バージョンでの変更点は下記の通り。

  • ライブラリの統合中に外部ドライブまたはネットワークの接続が解除された場合に、メディアファイルが保持されます
  • ミュージックとサウンドブラウザでオーディオコンテンツを読み込むときの問題が修正されます
  • “テキストをスクロール”ビヘイビアが含まれる Motion エフェクトを適用するときの安定性の問題が修正されます
  • プロキシメディアとオリジナルメディア/最適化されたメディアをより速く切り替えられます
  • 非常に大きいプロジェクトでのタイムラインの応答性が改善されます

Final Cut Pro
価格: ¥28,800

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。