Lenovo・ASUS・Philipsが4K対応ディスプレイを発表

現在、米ラスベガスで開催中の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES 2014)」で、各社から4K対応ディスプレイが複数発表されたのでまとめてみました。

写真は”Philips 288P6″


4K対応ディスプレイを発表したのはLenovo、ASUS、Philipsで、各製品の仕様などの情報をまとめたものが下記の通り。


Lenovo ThinkVision Pro2840m

・ディスプレイ:28インチ 4KウルトラHD (3840 x 2160)
・応答速度:5ms
・ダイナミックコントラスト比:300万対1
・端子類:DisplayPort、microDisplayPort、HDMI、MHL
・USB:USB3.0 x 3、USB2.0 x 2
・スピーカー:3W x 2
・本体サイズ:648.9 x 369.3mm
・予想価格:799ドル(約80,000円)
・発売時期:2014年4月(予定)



ASUS PB287Q

・ディスプレイ:28インチ (3840 x 2160)
・応答速度:1ms、
・端子類:DisplayPort、HDMI (MHL 対応)
・予想価格:799ドル(約80,000円)
・発売時期:2014年第2四半期



Philips 288P6

・ディスプレイ:28インチ 4K Ultra HD (3840 x 2160)
・端子類:HDMI、DisplayPort、Dual-link DVI、VGA
・USB:USB 2.0 x 2、USB 3.0 x 2
・スピーカー:3W x 2
・価格:1,199ドル(約120,000円)
・発売時期:2014年春



なお、韓国のLGもThunderbolt 2対応で4096×2160ピクセルの4Kモニタ「31MU95」をCES 2014で展示する予定と発表されていたものの、今のところまだ詳しい情報は明らかになっていません。


参考リンク

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事