台湾当局、「iPhone」の販売で公正取引法違反があったとしてAppleに罰金を命じる

共同通信によると、本日、台湾の公平交易委員会(公正取引委員会)が、Appleに対し「iPhone」の販売に公正取引法違反があったとして、同社に罰金2千万台湾元(約7千万円)を科したと発表した事が分かりました。

Appleは「iPhone」の販売で台湾の市場シェアの約9割を占める大手通信3社の販売価格設定に関与していたそうで、欧州連合(EU)当局も同様のケースを調査しているとのこと。

[via ringo-sanco

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事