Apple、アジア太平洋地域やラテンアメリカなどの新興成長市場でも下取りプログラムを開始か?!

Appleは米国、イギリス、インドで「iPhone」の下取りプログラムを開始していますが、9 to 5 Macによると、Appleがアジア太平洋地域やラテンアメリカおよびカリブ海地域などの新興成長市場でも同下取りプログラムを計画している事が予想出来る人材募集を行っている事が分かったそうです。

Appleが募集しているのは「Reuse (Trade-In) Worldwide Program Manager」(リユーズワールドワイドプログラムマネージャー)で、現在及び将来の世界的な下取りプログラムを管理する為の経験豊かなプログラムマネージャーが必要とのこと。

なお、新興成長市場とのことで、日本でも同プログラムが開始されるのかは不明です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。