出力もサイズも史上最大のiPhone/iPod用Dockスピーカーが登場

iPhone/iPod対応のドックスピーカーといえば様々なメーカーからかなりのモデルが発売されましたが、出力、大きさとも史上最大のiPhone/iPod用超巨大ドックスピーカーが発表されました。


その名も「Wall of Sound 2」で、まさに”壁”です。

出力は8000ワットと超大出力で、最大で130dBの大音量を出す事ができ、本体のサイズは1×1.7×0.4メートルで、重さは178㎏と凄いスペックになっており、上記画像の本体右上に写っている「iPhone(?)」の大きさからもその巨大さが良く分かります。


なお、「iPhone」とはBluetoothでも接続可能で、公式のコントローラーアプリでも操作可能となっており、価格は6,900ドル(約68万円)で2014年2月に出荷開始予定とのこと。

また、「Wall of Sound 2」は耳に悪影響を及ぼすほどの音量を出せる事から安全機能が搭載されており、難聴になる危険性がある音量で再生する場合は本体右上部に設置された猿の目が赤く光り、警告を知らせる仕組みになっており、5分間その状態が続くと猿の頭が飛び出し自動で再生を停止する仕組みになっています。


 ・Wall of Sound 2

[via gizmag

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事