「iPad mini Retinaディスプレイモデル」には10WのUSB電源アダプタが付属

iLoungeによると、「iPad Air」は「iPad (第4世代)」とバッテリー駆動時間は同じであるもののバッテリーが非常に小さくなっており、容量が42.5Whから32.4Whへと減っている事が分かったそうです。


これにより満充電にかかる時間が「iPad (第4世代)」の5〜6時間から短縮され、「iPad 2」と同じ4時間程になるものとみられています。

また、「iPad mini Retinaディスプレイモデル」のバッテリー容量は「iPad mini (第1世代)」の16.3Whから23.8Whへと増えており、充電時間を減らす為に付属の電源アダプタ(充電器)が5Wのものから10Wのものに変更されているとのこと。

[via リンゲルブルーメン

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事