Apple、Retinaディスプレイを搭載した新型iPad miniを発表

本日、Appleが開催中のスペシャルイベントにて新型iPad miniを発表しました。


新型iPad miniはRetinaディスプレイを搭載し、解像度は「iPad Air」と同じ2048×1536ピクセルで、プロセッサには64bitのA7チップを搭載しています。

また、カラーラインアップはホワイト&シルバーとスペースグレイ&ブラックの2色展開で、価格は399ドルからとなっており、11月後半に発売予定です。

なお、初代iPad miniも販売を継続し、価格は299ドルからに値下げされるとのこと。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事