米Apple、9年連続で米BCGの「世界の最も革新的な企業」ランキングの1位に輝く

本日、米ボストンコンサルティンググループ(BCG)が、「世界の最も革新的な企業50社」の2013年版を公開しています。


なお、トップは米Appleで、同社は9年連続で1位に輝いており、2位はSamsung、3位はGoogle、4位はMicrosoft、5位にトヨタ自動車がランクインしています。

また、日本企業としてはトヨタ以外に11位にSONY、18位にホンダ、27位にソフトバンク、33位にファーストリテイリング、38位に日産自動車がランクインしており、同調査は1500人の企業幹部に、自分の会社以外で最も革新的だと思う企業の名前を挙げてもらう方法で調査した結果が一部反映されており、更に過去3年間の株主へのリターン状況や業績の伸び、利益の伸びなども加味されています。

[via WSJ

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事