Retinaディスプレイを搭載した次期iPad miniの発売は来年第1四半期までずれ込む?!

CNETによると、米調査会社のIHS iSuppliのRhoda Alexander氏が、サプライチェーンを調査した結果、次期iPadは10月発表に向け順調であるものの、Retinaディスプレイを搭載した次期iPad miniは次期iPadと同時に発表されたとしても2014年第1四半期(1〜3月)まで発売が遅れるかもしれないと報告しているそうです。

これは次期iPad miniの現在の生産量が10月発売よりむしろ2014年第1四半期発売になるであろう事を示している為で、個人的にも期待のApple製品の1つであるRetina搭載iPad miniはまだもう少し待たなければいけないかもしれません。

【関連エントリ】
 ・次期iPad miniは「Touch ID」搭載でゴールドモデルもあり?! 実機写真が流出

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。