「iOS 7」では非公認のLightningケーブルが動作しなくなる?!

本日リリースされた「iOS 7」ではAppleのMFIプログラムを取得していない非公認のLightningケーブルを接続すると警告文が表示されるようになっているのですが、Cult of Macによると、「iOS 7」にアップデートした後に非公認のLightningケーブルが利用出来なくなったという報告が相次いでいるようです。


全ての非公認ケーブルが使えなくなるのかは不明ですが、ある報告によると、非公認のLightningケーブルを挿すと警告文が表示され、その後に同期や充電する事が出来なくなったようで、Cult of Macでも同様の事例を確認したそうです。

ベータ版の時は警告文が表示されるものの特にブロックされるといった事はなかったのですが、GM版以降に何らかの変更が加えられたのかもしれません。

なお、この問題の回避に成功したという方法がCult of Macに掲載されていますが、成功したユーザーは一部とのことですので、あまり期待しない方が良いかもしれません。

追 記

Twitterなどの情報を見る限りでは、結構問題なく動いている物もあるようで、動かなくなる物とならない物の違いが何なのかが気になるところです。

【関連エントリ】
 ・「iOS 7」ではApple非公認のLightningケーブルを使用すると警告文が表示されるように

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事