「iMovie」など各種アプリの互換性の項目に「iPhone 6やiPhone 7に対応」と記載されていた事が明らかに

The Vergeによると、AppleがiOS向けの「iMovie」や「iPhoto」、「Pages」、「Keynote」などのアプリの互換性表記の欄で「iPhone 6用に最適化済み」と案内していた事が分かりました。

(image source:The Verge)

なお、現在は既に修正され削除されており、一瞬、次期iPhoneの正式名称は「iPhone 5S」ではなく「iPhone 6」になると思ってしまいますが、ニュージーランドでは「iPhone 6」ではなく「iPhone 7用に最適化済み」と記載されていたそうで、何らのエラーだったものとみられています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事