Microsoft、2次元バーコード「Microsoft Tag」のサービスを2015年8月で終了へ

Mashableによると、米Microsoftが2010年から提供を開始していたQRコード対抗の2次元バーコードツール「Microsoft Tag」のサービスを2015年8月をもって終了する事を発表したそうです。


「Microsoft Tag」は日本では馴染みはないですが、大容量カラー・バーコード( HCCB = High Capacity Color Barcode)と呼ばれる全く新しいテクノロジーを採用し、カラーの三角形でデータを表現する仕組みとなっており、テキストや画像、Webサイトへのリンクを書き込む事が可能です。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事