「iPhone 5S」、指紋センサーの生産遅れが原因で初期出荷台数は300~400万台に?!

DigiTimesが、業界筋によると、Appleの次期iPhoneこと「iPhone 5S」の2013年第3四半期(7~9月)の出荷台数は搭載される指紋センサーの生産遅れが原因で、300~400万台に留まるようだと報じています。

センサーの生産は「iOS 7」と指紋認証チップ間の統合に関する問題やパッケージを行うXintec社(TSMCの子会社)の生産歩留まり問題により遅れているそうです。

これに対し、AppleとTSMCは、両社のエンジニアで構成された開発チームをXintecに派遣し、歩留まり改善に向け動いており、指紋チップの量産は8月末に開始されるとのこと。

「iPhone 5S」の発表は9月10日という噂がありますが、もしこの情報が正しければ発売後は品不足が続くのかもしれません。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。