台湾のプリント基板メーカー各社、次期iPhone向け製品の量産を7〜8月に開始へ

DigiTimesが、業界筋によると、台湾のフレキシブルプリント基板メーカーであるFlexium Interconnect、Zhen Ding Technology、Career Technologyの3社が、2013年9月下旬もしくは10月上旬にリリース予定の次期iPhoneのサプライチェーンに加わったようだと報じています。

(次期iPhoneのものとされる筐体の写真)


Flexium InterconnectとZhen Ding Technologyの2社は6月に次期iPhoneシリーズ向けのフレキシブルプリント基板の少量生産を開始し、3社とも7〜8月に量産を開始する予定とのこと。

なお、FlexiumについてはAppleからの要求に応じる為に生産能力を増強したとの情報もあるそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。