Apple、「Logic Pro X」と「MainStage 3」を発表

本日、米Appleが音楽制作ソフト「Logic Pro」の最新版である「Logic Pro X」とライブ演奏用アプリ「MainStage」の最新版である「MainStage 3」を正式に発表しています。

「Logic Pro X」は曲に合ったドラムトラックを制作できる仮想セッションプレーヤー「Drummer」やボーカルの外れた音の修正や録音したオーディオのメロディーの変更が出来る「Flex Pitch」という機能が新たに追加され、「MainStage 3」は新しいユーザーインターフェイスを特徴としています。

なお、価格は「Logic Pro X」が199.99ドル(日本では17,000円)と「MainStage 3」が29.99ドル(日本では2,600円)で、本日よりMac App Storeで販売を開始するとのこと。

また、「iPad」から「Logic Pro X」をコントロール出来るアプリ「Logic Remote」も同時に発表しており、こちらは本日よりApp Storeで無償配信されます。

 ・プレスリリース

追 記

その後、Mac App Storeで配信が開始されています。

Logic Pro X
価格: ¥17,000

MainStage 3
価格: ¥2,600

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。