「iPhone 5S」は指紋認証機能を搭載も、チップの生産問題が初期出荷台数に影響か?!

DigiTimesが、業界筋によると、指紋認証チップやLCDドライバICの低い生産歩留まりが原因で、「iPhone 5S」の初期出荷台数は抑えられるようだと報じています。


「iPhone 5S」向け指紋認証及びLCDドライバチップの量産は当初6月末もしくは7月初旬に開始するはずだったものの、歩留まりに関連する問題から量産開始が7月末へと遅れたようで、「iPhone 5S」の初期出荷台数に影響を及ぼすものとみられています。

なお、指紋認証チップはAppleが2012年7月に買収したAhthenTecによって設計されているとのこと。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事