今秋にNTTドコモが「iPhone」の取り扱いを開始する可能性は極めて低い

本日、日本経済新聞にジャーナリストの石川 温氏によるNTTドコモの加藤社長へのインタビュー記事が掲載されており、その中で加藤社長はiPhoneの発売に関して「今までのスタンスと何ら変わりません」との考えを明らかにしたそうです。


この“今までのスタンス”とは「iPhoneは魅力的な端末で、ドコモの総販売数の2~3割程度であれば受け入れることも可能」というもので、Appleとの交渉が依然として合意に至っていないものとみられています。

また、ソフトバンクの孫社長やKDDIの田中社長は「iPhone」の取り扱いを開始する直前は、Appleとの契約内容に「iPhoneに関して何も話してはいけない」という契約条項がある事からノーコメントを貫いていたのですが、NTTドコモの加藤社長は今も普通に「iPhone」の事を話している事から今秋にドコモが「iPhone」の取り扱いを開始する可能性は極めて低いとのこと。

 ・ドコモ、ツートップ戦略の誤算 iPhone当面見送りか
(ジャーナリスト 石川 温)

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事