「Windows 8.1」のプレビュー版のシステム要件などが明らかに

本日、Winclub.plに投稿されたスクリーンショットから、Microsoftが現地時間の6月26日に公開予定の「Windows 8.1」のパブリックプレビュー版のシステム要件などが明らかになりました。


「Windows 8.1 Preview」のシステム要件は下記の通り。

プロセッサ:1GHz以上
RAM:1GB (32ビット) または 2GB (64ビット)
ハードディスクの空き領域:16GB (32ビット) または 20GB (64ビット)
グラフィックカード:Microsoft DirectX 9 グラフィックスデバイス (WDDM ドライバー付き)

また、「Windows RT 8.1 Preview」に関しては既に「Windows RT」が搭載されている事と10GBのハードディスクの空き領域が必要となっています。

更に、「Windows 8.1 Preview」は、英語、中国語、フランス語、ドイツ語、日本語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、スウェーデン語、トルコ語、アラビア語、ロシア語に対応する模様。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事