ソフトバンクが世界3位へ – 米スプリントの買収が確実に

朝日新聞毎日新聞によると、ソフトバンクが計画している米携帯電話3位スプリント・ネクステルの買収の成立がほぼ確実になった事が分かりました。


ソフトバンクに対抗していた米衛星テレビ会社のディッシュ・ネットワークがスプリント・ネクステルの買収を断念した為で、スプリントが現地時間の6月25日に開く臨時株主総会で主要株主から強い異論が出なければ買収が決まる見通しとのこと。

なお、買収金額は約216億ドル(約1.8兆円)で、この買収が決まればソフトバンクは携帯電話事業の売上高で中国のChina Mobileや米国のVerizonに次ぐ世界3位の規模になります。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事