Apple、「MacBook Air」へのRetina搭載を検討していたものの駆動時間への影響から見送りか?!

当ブログがいつも情報を参考にさせて頂いているEMSOneの編集長である山田氏が、本日、Tech-Onにて「MacBook Air」へのRetinaディスプレイ搭載に関する台湾業界からの話を掲載しており、業界筋の話をまとめると、Appleが「MacBook Air」へのRetinaディスプレイの搭載を検討していたのは間違いないようだと報告しています。

ただ、Retinaディスプレイを搭載すると駆動時間が犠牲になってしまう事から搭載が見送られたものとみられているとのこと。

新モデルが発売されたばかりなので次期MacBook Airが年内にリリースされる可能性は低いと思いますが、来年に発売されるであろう次期モデルにRetinaディスプレイが搭載される事を期待したいところですね。

【関連エントリ】
 ・Apple、Retinaディスプレイを搭載した「MacBook Air」を今年第3四半期に発売か?!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。