「iPhone 5S」のプロセッサは「A7」で、大半をSamsungが生産か?!

EMSOneによると、米ゴールドマン・サックスが、Appleは次世代iPad用プロセッサを2013年第3四半期に決定し、台湾TSMCが2014年分の30%、2015年分の50%をそれぞれ受注するとの見方を明らかにしたそうです。


ただ、Appleが製造プロセスに20nmプロセスを採用した場合は、TSMCの受注比率は14年分が40%、15年分は85%にまで拡大するものとみられているそうです。

なお、「iPhone 5S」に搭載されるプロセッサは28nmプロセスで生産する「A7」で、その大半をSamsungが生産するとみられているのの、2014年下半期に発表する次世代iPhoneについてはTSMCの20nmプロセスを採用したプロセッサが採用されるだろうとのこと。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事