消費者庁、「iPhone 5」の「4G LTE」エリア誤表示でKDDIに措置命令

本日、消費者庁が、KDDIが「iPhone 5」で利用できるLTEカバーエリアについて、実際の計画より過大なカバー率と誤認させる記述をカタログやWebサイトに掲載して宣伝していたとしてKDDIに対し景品表示法違反で措置命令を出した事が分かりました。

KDDIは、当初、下り最大75Mbpsの「4G LTE」サービスについて「2012年度末時点で実人口カバー率96%に拡大」などと表記していましたが、これはAndroid端末の場合で、「iPhone 5」では下り75Mbpsを利用できたのは実際には14%に過ぎなかったそうです。

なお、KDDIは謝罪及び再発防止に努めると共に、田中孝司社長の月額報酬を3カ月間、20%カットするなどの処分も発表しています。

 ・ニュースリリース(KDDI)

[via ITmedia

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。