Apple、2014年から全ての「iPhone」向けプロセッサの生産をTSMCに発注か?!

本日、DigiTimesが、業界筋によると、Appleは2014年後半に発売予定の次世代iPhoneに搭載する全てのアプリケーションプロセッサを台湾のTSMCに発注するようだと報じています。

台南に建設中のFab 14フェーズ5と呼ばれるTSMCの新しい生産施設は2013年内に生産を開始する予定で、現在は機材の搬入を開始しているそうです。

この事から今年後半に発売される次期iPhone向けプロセッサは引き続きSamsungが製造するようです。

【関連エントリ】
 ・Apple、「A7」プロセッサの開発プロジェクトからSamsungを排除か!?
 ・「iPhone 6」に搭載される「A7」プロセッサは台湾のTSMCが受注か?!
 ・台湾TSMC、今月中にAppleの「A7」プロセッサの設計を完了か?!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。