独フォルクスワーゲン、Appleの「iPhone」とコラボした特別版ビートル「iBeetle」を2014年前半に発売へ

iLoungeによると、独フォルクスワーゲンが、「iPhone」を統合した特別版のビートル「iBeetle」を現地時間の本日より中国で開催される上海自動車ショーで発表する事が分かったそうです。


「iBeetle」はまず内外装は「iPhone」のインターフェイスにマッチしたカラーリングとオプションが特徴で、車内のダッシュボード中央には新しく設計された「iPhone」専用のドッキングステーションが搭載され、更に専用に開発された新しいアプリも提供されるようです。

そのアプリを使用してドッキングステーション経由もしくはワイヤレスで「iPhone」を「iBeetle」に接続させる事ができ、音楽のストリーミング配信サービスの「Spotify」を使用したり、加速度計やコンパスや各種温度計などを表示させ計器類を拡張したりする事ができ、アプリには他にもTwitterやFacebookなどとの連携機能も多数搭載されています。


なお、「iBeetle」は来年前半に発売予定で、同時にカブリオレの「iBeetle Convertible」も発売される模様。

※タイトルに”コラボ”と書いてしまい少しややこしいですが、VW社とApple社が正式にコラボレーションしたのかは現在のところ分かっておりません。

追 記

その後、AutoBlogが、詳しく報じていますので、是非どうぞ。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事