「Tweetie」の開発者であるLoren Brichter氏がFacebookの開発チームに協力している事が明らかに

過去に人気を誇ったiOS向けTwitterクライアントアプリ「Tweetie」(その後、Twitter公式クライアントアプリに)の開発者で、今ではスマホのUIとして定着している「Pull-to-Refresh」(引き下げて更新)のUIを発明した人物として有名なLoren Brichter氏が、Facebookの開発チームに協力している事が分かりました。

Facebookではユーザーインターフェイスをより良くする事をフォローするコンサルタント的な役割やデザインの専門知識を提供する事に取り組んでいるものと予想されています。

[via TNW

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。