次期iPad miniは酸化物半導体TFTの技術を採用したRetinaディスプレイを搭載か?!

DigiTimesが、サプライチェーンの情報筋によると、Appleは次期iPad miniのパネルに酸化物半導体TFT (Oxide TFT) 技術を採用したRetinaディスプレイを要求しており、現行のiPad mini向けパネルを供給している台湾のAUOは、酸化物半導体TFTを採用したパネルを生産する事が技術的に難しい事からサプライチェーンから外れる事になるようだと報じています。

これにより、次期iPad mini向けパネルの主要なサプライヤーはLG Displayとシャープになるだろうと言われているようで、「酸化物半導体TFT」の種類の中で特に有名なのはシャープのIGZOディスプレイがあります。

また、次期iPad miniではLEDバックライトのLEDの数も減らされる事になっているとのこと。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。