次期Officeのコードネームは「Blue」ではなく「Gemini」

「Windows」、「Windows Server」、「Windows Phone」の次期アップデートの計画については”Blue”といったコードネームで呼ばれていますが、ZDNetのMary Jo Foley氏によると、次期Officeのコードネームは「Gemini」(ジェミニ/双子座)と呼ばれているようです。


次期Officeは今後2年の間にリリースされる予定で、その前に今秋に「Windows Blue」と共にWord・Excel・PowerPoint・OneNoteのアップデートが行われるようです。

なお、「Gemini」についてMicrosoftの広報に問い合わせたところ、広報は「我々は常にOffice 365を改良しており、”次期バージョン”という概念は時代遅れだ」と述べたそうです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事