Microsoft、「Windows 8」のOEMライセンス価格を一部値引きへ

本日、DigiTimesが、台湾を拠点とするベンダーやODMによると、Microsoftが「Windows 8」のOEMライセンス価格を値引きするようだと報じています。


まずタッチスクリーンを搭載した11.6インチ以下のノートPC向け「Windows 8」のOEMライセンス価格を20USドル値引きし、10.8インチ以下のノートPCやタブレットなどは20USドルの値引きに加え「Office 2013」が無料で提供されるとのこと。

この値引きは4〜5月に開始されると言われており、これにより「Windows 8」と11.6インチタッチスクリーンを搭載したノートPCの小売価格は6月に値下げされる事になっているようです。

なお、この件に関してはWSJも似たような事を報じています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事