タッチ式ホームボタンを採用した「iPhone 6」と「iPhone Plus」のコンセプトデザイン

本日、フランスのNowhere Elseが、「iPhone 5」のディスプレイサイズはそのままで本体サイズをより小型化した「iPhone 6」と、より大型なディスプレイを搭載するものの「iPhone 5」と同じ本体サイズを維持した「iPhone Plus」のコンセプトデザインを公開しています。


同サイトはディスプレイサイズを維持したまま本体を小型化したり、本体サイズを維持したままより大きなディスプレイを搭載する為にホームボタンをタッチ式に変える事を提案しており、そのホームボタンはマルチタッチに対応した「MacBook」シリーズのガラストラックパッドからヒントを得たもので、ディスプレイ下部の部分がホームボタンでその部分であればどこでもクリック可能となっており、更に表面のガラス自体はディスプレイ部分と一体化されているとのこと。

(image source:Nowhere Else)

(image source:Nowhere Else)

(左からiPhone 6、iPhone 5、iPhone Plus / image source:Nowhere Else)

先日、ディスプレイを大型化する為にホームボタンを側面に移動させた「iPhone mini」などのコンセプトデザインを紹介しましたが、次期iPhoneでもホームボタンは今と同じデザインを採用し続けるのでしょうか??

なお、Nowhere Elseには上記以外の多数のデザインが公開されていますので、是非ご覧下さい。

【関連エントリ】
 ・Appleの「iPhone mini」や「ファブレット」などを予想したコンセプト画像

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事