台湾のFoxconn、Appleから超大口の受注を獲得か?!

EMSOneによると、台湾経済部の投資審議委員会(経産省に相当)は2月25日、台湾Foxconnが中国河南省済源にある中国子会社に2億7500万米ドル(約253億円)を投じる投資プロジェクトを認可したそうで、この済源にある開発区がAppleが公開したサプライヤーリストに掲載されている事などから、FoxconnがAppleから超大口の受注を獲得したのではないかとの観測が広がっているそうです。


また、その投資金額の大きさからもAppleから受注を獲得したのではないかとの観測が広まっているとのこと。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事