LG Displayの「iPad」向け9.7インチパネルの出荷台数、1月は前月比90%減に

本日、DigiTimesが、業界筋の話として、LG Displayの「iPad」向けパネルの出荷台数は2012年12月は600万枚だったのに対し、2013年1月には90%減の60万枚まで落ち込んだようだと報じています。


1月はパネルの出荷台数が落ち込む時期と言われていますが、「iPad mini」の人気や安価なタブレットの需要が増えている事などが要因にあげられています。

ただ、今年第3四半期(7~9月)には次期iPadの発売が予想される為、第2四半期(4~6月)には「iPad」向けパネルの出荷台数は回復するものとみられています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事