Apple、4.8インチディスプレイを採用した「iPhone 6」の投入を2014年6月に先送りか?!

EMSOneによると、台湾では4.8インチのディスプレイを採用した「iPhone 6」の登場は2014年6月までずれ込むとの見方が市場や業界で広がっているそうです。


この理由は、ディスプレイを拡大することにより「iPhone 6」で採用するインセル型タッチパネルの生産歩留まりの問題に直面している事からAppleが2013年の投入は無理だと判断した為で、2013年は「iPhone 5S」と「廉価版iPhone」が発売されるとの見方が強まっているそうです。

【関連エントリ】
 ・MacRumors、5インチになった「iPhone」の大きさを体感出来る実物大のペーパークラフトを公開
 ・4.8インチディスプレイを搭載した「iPhone 6」(仮称)の登場は来年か?!
 ・もし「iPhone」が4.94インチの大型ディスプレイを採用したらこんな感じに?! 開発者がモックアップ画像を公開
 ・Appleのティム・クック氏、大型ディスプレイを搭載した「iPhone」登場の噂にコメント

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事