台湾のAU Optronics、次期iPad mini向けパネルの量産を開始か?!

先日、台湾のAU Optronicsが「iPad mini」向けパネルの生産問題を改善し、更に次期iPad mini向けのパネルの開発も開始しているようだとお伝えしましたが、中国のMy Driversによると、AU Optronicsは既に次期iPad mini向けパネルの量産を開始しているようです。


次期iPad mini向けディスプレイの解像度は2048×1536ピクセルで、ピクセル密度は324ppiになるとのこと。

[via iDownload Blog]

【関連エントリ】
 ・次期iPad miniのものとされる筐体が流出か?!
 ・台湾のAUO、「iPad mini」向けパネルの生産問題を改善 & 次期iPad mini向けパネルも開発中
 ・次期iPad miniの製造コスト、Retinaディスプレイ採用で30%以上増加か?!
 ・台湾AUO、次期iPad mini向けRetinaディスプレイの試作を開始か?!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事