Primate Labs、「MacBook Pro (Retina, Early 2013)」と旧モデルの比較ベンチマーク結果を公開

本日、Primate Labsが、「MacBook Pro (Retina, Early 2013)」の13インチ及び15インチモデルと旧モデルと比較したGeekbenchのベンチマークスコアを公開しています。

まず、15インチモデルの比較が下記グラフですが、クロック数に準じた結果となっています。


なお、Mid 2012のハイエンドモデルとEarly 2013のミッドレンジモデルは同じクロック数のプロセッサを搭載しているものの、型番が違い、Early 2013のプロセッサの方がキャッシュが少ない事からMid 2012のハイエンドモデルよりスコアが少し悪い結果となっています。

次に、13インチモデルの比較が下記の通りですが、こちらもクロック数通りといった感じでしょうか。


[via MacRumors]

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事