出荷に影響か?! 「iPad mini」の筐体を供給している中国企業が廃水流出で操業停止に

本日、EMSOneが、Appleの「iPad mini」のアルミ製筐体を供給しているRiTeng(日騰)の中国上海松江工場が、廃水を処理せず川に排出したとして、上海当局から罰金を科された上、操業を停止しているようだと報じています。

操業の再開時期は未定で、「iPad mini」の出荷にある程度の影響が出るのは必須とみられています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。