Tapbots、「Tweetbot for iOS/Mac」をアップデートし「Twitter 1.1 API」をサポート

本日、Tapbotsが、同社の人気Twitterクライアントアプリ「Tweetbot for iPhone」と「Tweetbot for iPad」と「Tweetbot for Mac」をアップデートしています。

まず、iPhone版及びiPad版の変更点は、「Twitter 1.1 API」への対応と新しいユーザーインターフェイスのガイドラインへの対応となっています。

次にMac版の変更点は、iOS版と同じく「Twitter 1.1 API」への対応と新しいユーザーインターフェイスのガイドラインへの対応以外に、VineとFlickrのサムネイル表示への対応、mp4ファイルの添付をサポート、メニューバーアイコンやDockのバッジ表示に関する設定項目の追加などがあります。

なお、Twitterは2013年3月5日までに「Twitter 1.1 API」へ対応するように義務づけており、「Tweetbot」シリーズも今回のアップデートを行わないと3月5日以降は起動しなくなりますので、ご注意を。

Tweetbot for iPhone
価格:¥250 (記事公開時)

Tweetbot for iPad
価格:¥250 (記事公開時)

Tweetbot for Mac
価格: ¥1,700

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。