Canonical、タブレット向けの「Ubuntu OS」を発表

本日、Canonicalが、スマートフォン向けに続きタブレット向けの「Ubuntu OS」を発表しています。


「Ubuntu for tablets」はタッチ操作やARMプロセッサに最適化されており、最低必要スペックはA15プロセッサ、2GBのRAM、8GBの空きディスク容量となっています。


なお、同OSの開発者向けプレビュー版はGoogleの「Nexus 7」と「Nexus 10」で利用でき、スマートフォン向け「Ubuntu」の開発者向けプレビュー版と同時に2月21日に公開される予定です。

昨日にはCanonicalのカウントダウン終了時間とHTCの発表イベントの開催時間が同じである事から、HTCが「Ubuntu」搭載タブレットを発表するものとみられていましたが、どうやらCanonicalとHTCの発表は別のものだったようです。

 ・UBUNTU DEVELOPER

(Via.The Verge)

【関連エントリ】
 ・HTC、今晩にもUbuntu搭載タブレットを発表か?!
 ・「Ubuntu Phone OS」のデベロッパプレビュー版は2月21日に公開へ
 ・スマホ版の「Ubuntu」、まずは2月後半にGalaxy Nexus向けに公開へ
 ・Canonical、Android端末で動作可能なスマホ版「Ubuntu」である「Ubuntu Phone OS」を正式発表

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事