ソフトバンクに続き、KDDIも「iPhone」の下取りサービスを開始へ

ソフトバンクに続き、KDDIも「iPhone」の最新機種への買い換え時に旧機種の下取りサービスを開始する方向で準備している事が分かりました。

KDDIは、現在、中古品の売買に必要な古物商の許可申請を各都道府県で進めており、下取りをスタートする日は未定だが、開始日のターゲットになっているのは次期iPhoneの発売日とのこと。

同サービス導入の理由はソフトバンクへの対抗ではなく、もしドコモが「iPhone」の取扱を開始した場合の流出防止策として考えているようです。

ただ、ドコモとAppleが合意に至るかどうかは不明で、2008年の当初の交渉で決裂した際のしこりが残っており、Appleはドコモを毛嫌いしているともみられているとのこと。

(Via.東洋経済オンライン/Linkman)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。