「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」の15インチモデル、価格改定に伴い内部パーツも一部変更されている模様

先日、価格や標準スペックなどが一部改定された「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル (Early 2013)」の販売が開始されましたが、9 to 5 Macが、流出した修理ガイドによると、「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル (Early 2013)」の15インチモデルは価格改定に伴い、SSDなどの内部パーツも新しい物が採用されている事が分かったと報じています。

(クリックにて拡大 / image source:9 to 5 Mac)

なお、現時点で変更された事が分かっているパーツはSSD、I/Oボード、ロジックボード、ボトムケースなどで、変更内容は不明とのこと。

 ・MacBook Pro with Retina

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事